痔ろう(あな痔)の手術

痔ろう(あな痔)とは

痔ろう痔ろうは別名「あな痔」とも呼ばれており、その名の通り瘻管というトンネル状の穴が肛門外部と内部をつないでしまう病気で、基本的に治療は手術しかありません。
最初、下痢などによって肛門周辺に存在する肛門陰窩というくぼみに細菌が侵入して炎症を起こし、膿が溜まる肛門周囲膿瘍になり、やがて溜まった膿が出口を求めて瘻管というトンネルを作り、痔ろうとなります。

肛門周囲膿瘍と痔ろうの症状

肛門周囲膿瘍の症状

  • お尻が熱っぽい
  • 肛門周辺にズキズキした痛みがある
  • 肛門周辺から膿が出る
  • 肛門周辺が腫れる
  • 38~39℃の発熱

痔ろうの症状

瘻管ができて膿が出てしまえば、痛みや熱っぽさ、腫れ、発熱はおさまります。肛門周囲から膿が出て、下着が汚れます。

肛門周囲膿瘍になると痛みや熱感が生じ、膿による発熱も起こります。この段階で治療を受ければ、切開して膿を排出することで症状はおさまります。その後は痔ろうに進行しないよう経過観察を行います。

痔ろうになってしまった場合には、薬物療法では効果がなく、手術が必要になります。さらに、痔ろうを放置しているとトンネル状の瘻管が複雑に張り巡らされて難しい手術が必要になり、治るまでかなり時間がかかってしまいます。まれですが、痔ろうを長期間放置してがん化する可能性もあります。
できるだけ早めに専門医を受診してください。

 

なお、肛門周囲膿瘍を放置して痔ろうになった時点で痛みなどの症状がおさまってしまうため、治ったと勘違いしてしまう場合があります。痛みなどがなくなったらすでに痔ろうになっていますのでご注意ください。

痔ろうの治療方法

手術治療

痔ろうは肛門の内外をつなぐトンネル状の瘻管が形成されているため、薬物療法では効果がなく、手術でしか治すことはできません。

痔ろうの手術では、肛門括約筋をできるだけ傷つけないこと、膿が外に出て行きやすいよう処置を行うこと、瘻管に菌が再度入ることがないようにすることが重要です。当院では、こうした点に注意して、経験豊富な専門医が瘻管の状態をしっかり確認し、最適な手術方法を決定して、丁寧に手術を行っています。

瘻管切開開放術

瘻管切開開放術瘻管と肛門括約筋を切開して瘻管を露出させるため、根治性が高く、再発率が高いのですが、便やおならが漏れやすくなる、肛門の形が変化してしまうなどの可能性があります。そのため、複雑化を起こしていない、初期の痔ろう以外には向かない治療法です。

くり抜き法(括約筋温存術)

くり抜き法(括約筋温存術)肛門括約筋をできるだけ傷つけないように行うことで、手術後の肛門機能を維持します。再発率は瘻管切開開放術に比べるとやや高めです。入院が必要な手術です。