肛門科(外科)

肛門科(外科):大腸肛門疾患

当院は、肛門・大腸疾患の専門クリニックです。肛門病では、いぼ痔(痔核)・切れ痔(裂肛)・痔ろう(穴痔)、肛門周囲膿瘍、肛門ポリープ、見張りイボ、血栓性外痔核などの診察を行っております。肛門の症状でお悩みの方は当院を受信してください。

いぼ痔(内痔核・外痔核)

内痔核外痔核
いぼ痔には、肛門の内側にできる「内痔核」と外側にできる「外痔核」があります。いぼ痔になる原因には、下痢や便秘、排便時のいきみ、長時間座った姿勢、女性の場合は妊娠、出産、ストレス、血行が悪いなどがあります。

内痔核

肛門の歯状線(しじょうせん)と呼ばれる、肛門上皮出口より2cm程奥に位置する肛門上皮と直腸粘膜の境界部分と、歯状線の上部に存在する、網目状に静脈が細く枝分かれした静脈叢(じょうみゃくそう)が排泄の際に過度な負荷を受けてうっ血し、いぼのように腫れ上がったのが内痔核です。
治療方法:薬物療法、ジオン注射、手術療法

詳しくはこちら

外痔核

外痔核は、皮膚の静脈叢(じょうみゃくそう)がうっ血して腫れあがり、強い痛みがあります。また、炎症を起こす危険性もあります。
治療方法:薬物療法、痛みが強い場合は手術療法

詳しくはこちら

切れ痔(裂肛)

切れ痔切れ痔は、便秘や下痢が原因で発症することが多く、硬くなった便をいきんだ時や下痢便を勢いよく排出した際に肛門の皮膚が裂けてしまい切れ痔を発症します。治療は、薬物治療で行いますが、日常生活(下痢や便秘になりやすい習慣)を改善しなければ再発します。慢性化し、肛門狭窄(こうもんきょうさく)になったり、「肛門ポリープ」「見張りイボ」等を併発して事もあります。
治療方法:薬物療法、慢性化した場合には手術療法を検討します。

詳しくはこちら

痔ろう(穴痔)

痔ろう痔ろうは、前段階として肛門周囲膿瘍を発症し、膿が溜まります。専門医療機関で治療を受けずに放置していると、炎症を繰り返し、肛門内部と外部をつなぐトンネル(瘻管:ろうかん)ができます。この状態を痔ろうといいます。痔ろうを放置しておくと、「瘻管(ろうかん)」が複雑化しより治療時間がかかるだけでなく、がんの原因にもなりますので、早急に治療を受ける必要があります。また、薬物治療では痔ろうを治すことはできず、手術療法が根本的な治療となります。
治療方法:手術療法

詳しくはこちら

その他の肛門疾患について

肛門科は、いぼ痔や切れ痔、痔ろうなどの痔疾患を診療するだけでなく、それ以外の肛門疾患についても診療しています。

尖圭(せんけい)コンジローマ

ウイルス感染によって起こる病気です。感染症ですからパートナーの方も治療を受ける必要があり、そうしないと再感染を繰り返してしまいます。小さなイボがたくさんできるため、焼灼や切除などで治療する必要があります。

肛門周囲膿瘍

痔ろうの前段階ですが、早期に治療を受ければ痔ろうにならずにすむ可能性があるため、早めに受診してください。
これは、肛門周辺にある小さなくぼみに下痢などの便が侵入し、細菌に感染して起こる病気です。炎症を起こして膿が溜まっているため、強い痛みや腫れ、発熱などが起こります。膿を排出させれば痛みなどの症状はおさまります。ただし、その後、悪化や進行させないよう注意しないと痔ろうを発症してしまいます。

また、治療を受けずに放置していると膿が出口を作るために、肛門の内外をつなぐトンネルを作ってしまいます。このトンネルは瘻管と呼ばれ、これができた状態が痔ろうです。瘻管ができると膿が排出されて痛みなどの症状はおさまりますが、痔ろうになってしまっているため手術でしか治すことができなくなってしまいます。

また痔ろうは放置していると炎症を繰り返して瘻管が複雑に伸びていき、治すことが難しくなっていくのでご注意ください。

肛門ポリープ

再発を繰り返して慢性化した切れ痔では、肛門にイボのような突起物ができる場合があります。これがぇは肛門ポリープです。排便時に表に出てきたり、その後中におさまったりを繰り返し、痛みをともなう場合もあります。また放置すると肥大化や根元が裂ける場合もあるため、早めに受診してください。なお、切れ痔が原因となってできるものですが、肛門ポリープ自体は痔ではなく、がん化することもありません。

 

見張りイボ

内痔核と似ていますが痔ではなく、肛門の皮膚がたるんでそこに細菌が侵入し、炎症を起こしているものです。切れ痔などをきっかけに発症することがあります。塗り薬を使った保存的療法が基本ですが、大きさなどによっては手術を検討する場合もあります。

血栓性外痔核

外痔核という名前ですが、いわゆる「いぼ痔」の痔核とは違う病気です。これは、肛門周辺の血管が傷付いて切れ、血のかたまりである気仙ができている状態で、排便時の過度ないきみが原因になっている血豆のようなものです。
強い痛みがあり、血栓によるしこりができます。ほとんどの場合は自然に回復していきますが、切開が適している場合もあります。