IBD(炎症性腸疾患)

炎症性腸疾患
(IBD: Inflammatory Bowel Disease)とは

腸に起こる炎症の総称で、特異性腸炎(特異的炎症性腸疾患)と非特異性腸炎(非特異的炎症性腸疾患)に分けられます。炎症は、免疫系が体内に入ってきたウイルスや細菌などの異物を体外に追い出す際に、腫れや痛み、発熱などを起こしているものです。

炎症性腸疾患の原因

炎症性腸疾患のうち、はっきりとした原因で起こるっているものは特異性腸炎と呼ばれます。ウイルスや細菌が原因の場合には感染症ですし、抗生物質などの薬剤が原因で起こる急性出血性大腸炎や膠原病などの全身性疾患によって起こるものなどが含まれます。放射線照射や血液循環の悪化によって起こる場合も原因がはっきりしているため、特異性腸炎です。

非特異性腸炎は、はっきりとした原因がわからない炎症性腸疾患で、代表的な病気に潰瘍性大腸炎やクローン病、単純性潰瘍、ベーチェット病があります。
潰瘍性大腸炎やクローン病については、別のページでくわしく説明しています。