大腸ポリープ切除

大腸ポリープとは

大腸ポリープ粘膜が一部隆起したものをポリープと呼び、大腸ポリープは大腸にできるものです。胃にできるポリープはほとんどが良性でがん化する可能性はほとんどありませんが、大腸ポリープはがんに進展することが多いため、内視鏡検査で大腸ポリープが発見されたら、その場で切除を行います。大腸ポリープを切除することで、将来の大腸がんリスクを大きく避けることができます。

大腸ポリープの種類

大腸ポリープは種類によってがん化する危険性が異なりますし、大きさや数によってもリスクが変動します。専門医による精密な内視鏡検査を受け、正確な診断と処置が重要です。

腺腫性ポリープ

大腸ポリープで最も多く、80%程はこの腺腫性ポリープです。1cm以上の大きさになる場合もあります。腺腫性ポリープが前がん状態となってがん化する危険性が非常に高いため、検査時に発見された場合はすぐに切除します。

過形成性ポリープ

良性と判断される種類のポリープで、大きさが5mm以下で直腸にあり、がん化していなければ切除は不要とされています。ただし、右側結腸にあって6mm以上の大きさになるとがん化する可能性があるため、切除します。

炎症性ポリープ

炎症性ポリープは非腫瘍性ポリープです。がん化や転移の危険性はほとんどないとされていますが、長期間強い炎症が起こっているため粘膜に大きな負荷がかかっており、他の病気につながる可能性もあります。

若年性ポリープ

単発例ではがん化する可能性はありませんが、多発している場合には約20%ががん化すると見られているため切除が必要です。

大腸ポリープの症状

初期には自覚症状がほとんどなく、また進行して肥大化しても自覚症状が出ないことがあります。症状がある場合には、排便時の出血、黒っぽい便が出る、下痢や腹痛、腹部の張りなどが現れます。

大腸ポリープの治療方法

内視鏡で観察し、切除か経過観察かを判断します。ポリープのある場所、大きさ、数、状態などにより適切な治療を選びます。
内視鏡検査時に切除可能ですが、大きさや数などによっては、改めて切除を行う必要があるケースもあります。
近年、増え続けている大腸がんを防ぐためにも、積極的に定期的な内視鏡検査を受けて、早期発見、早期治療を心がけてください。

ポリペクトミー

ポリペクトミー内視鏡で行う一般的な切除方法です。先端部分の輪状ワイヤーをポリープの根元にかけ、ワイヤーを締めていって最後に電気を流して焼き切ります。内視鏡検査の際に同時に行う日帰り手術が可能です。

EMR(内視鏡的粘膜切除術)

EMRポリープには隆起していない平坦なものがあります。この場合、そのままではワイヤーがかからないため、ポリープ付近の粘膜下層に生理食塩水を注入し、病変を盛り上げてからポリペクトミーと同様に切除します。内視鏡検査の際に同時に行う日帰り手術が可能ですが、入院が必要になるケースもあります。

大腸ポリープ切除の流れ

大腸内視鏡検査を受けて切除が必要な大腸ポリープが見つかった際に、その場で切除します。

初診

外来にご来院いただきます。
問診・診断で患者さまの健康状態を把握します。普段、飲んでいるお薬についてもお教えいただきます。
大腸内視鏡検査についてくわしくご説明し、ご納得いただいたら検査のご予約となります。検査中、ポリープが見つかり、切除可能な場合には切除することについてもしっかりご確認させていただいています。その後、注意点などについてわかりやすくお伝えします。

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)

検査前日

事前にお渡しした下剤を服用し、早めに就寝していただきます。服用しているお薬がある場合、それについても事前にしっかりお伝えしています。

検査当日

食事せずにご来院いただき、内視鏡検査を行います。
検査中にポリープが発見された場合は、その場で切除を行いますが、ポリープの大きさや数などによっては改めて入院が必要になる場合もあります

帰宅について

検査終了後、特に体調不良や異常が見られない場合には、ご帰宅となります。
なお、麻酔を用いた場合には、当日の自動車・バイク・自転車の運転ができませんので、あらかじめご了承ください。

自宅療養

ご帰宅後は安静を保ち、手術後2~3日は消化に良いものを食べるようにします。
切除後、1週間は激しい運動や力仕事、アルコール、旅行、出張などお体への負担が大きいことを避けてください。

ご注意

食事

刺激物、アルコール、脂っこい食事は1週間ほど控えます。

その他

旅行、出張、スポーツなどは1週間ほど控えます。

治療費について

手術内容や入院の有無などにより費用は異なりますが、目安となる治療費をご紹介します。※検査内容などによって目安の金額とは違う場合もあります。

  • 大腸の内視鏡検査:健康保険適用で3割負担の場合、5,000~10,000円が目安です。
  • 大腸ポリープの切除:健康保険適用で3割負担の場合、20,000円~30,000円が目安です。
  • 入院費用:治療費用とは別途に発生するもので、1日につき8,000~10,000円が目安です。

高額療養費制度

健康保険では、月間の医療費が高額になった場合、「高額療養費制度」を使って費用の一部を払い戻すことが可能です。

任意保険について

任意保険に加入されている場合、契約内容によって給付金を受け取れる場合があります。まずは、契約内容を保険会社に確認してください。