クローン病(CD)

クローン病とは

小腸や大腸などの消化管に炎症が起きてびらんや潰瘍が生じる慢性の炎症性腸疾患です。原因がわかっていないことや、根治に至る治療法がないことから厚生労働省から難病に指定されていまが、適切な治療を受けて上手に症状をコントロールできれは、健康な時とあまり変わらない日常生活を送ることもできます。

大腸に炎症を起こす病気は炎症性腸疾患と呼ばれており、特異的炎症性腸疾患と非特異的炎症性腸疾患があります。特異的炎症性腸疾患は、炎症の原因が細菌や薬剤などはっきりわかっているため、原因を取り除く治療を行います。
一方、非特異的炎症性腸疾患は炎症の原因がわからない疾患です。クローン病や潰瘍性大腸炎がここに含まれていますが、クローン病では消化管のその位置にも炎症が起こりますが、潰瘍性大腸炎は炎症が大腸だけに起こるという違いがあります。

炎症では腫れや痛み、発熱と行った症状が起こります。これは、体内に入った異物を追い出そうとする免疫系の防御システムが活動していますので、炎症は異物から体を守るための不可欠な反応です。ただし、免疫が過剰に働くと体を傷つけてしまいます。クローン病の原因はわかっていませんが、過剰な免疫反応が関係しているとされ、TNF-αという体内物質が過剰に作り出されて炎症が起こっていることはわかっています。

クローン病は、病変のできる部位によって、小腸型、小腸・大腸型、大腸型に分けられており、症状と治療法が異なります。また、炎症はかたまってできるのではなく、間隔を開けてできることも特徴になっています。

主な症状

患者さまによってさまざまな症状があり、初期には腹痛や下痢が起こることが多くなっています。他に、血便、発熱、体重減少、肛門の切れ痔・潰瘍・膿が溜まるなどが現れるなどがあります。
慢性疾患ですが、症状が落ち着いている寛解と、悪化している再燃を繰り返すため、できるだけ長く寛解の状態を保つ治療が重要になります。
また、さまざまな合併症が起こることもあります。

合併症

クローン病では、粘膜の浅い場所から炎症がはじまって、やがて深い粘膜に炎症が進行していきます。炎症が腸管壁深くまで達すると腸管合併症が起こる可能性があります。また、腸以外の全身に腸管外合併症が起こる可能性があります。

腸管合併症には、狭窄、穿孔、膿が溜まる膿腫、腸同士や腸と皮膚や他の内臓がつながる瘻孔などがあります。また、まれですが大量出血や、大腸がん・肛門がんが起こる場合もあります。
腸管以外に現れる腸管外合併症では、関節に起こる合併所がやや多く、皮膚、眼に病変が現れたり、口内炎や肝胆道系障害、結節性紅斑などが起こる場合もあります。

検査・診断

診断の際には、内視鏡検査、レントゲン検査、病理組織検査などを行います。
内視鏡検査では、クローン病特有の病態が観察できるため、診断には有効な検査です。特徴的な病変は、縦方向に走る長い潰瘍、潰瘍に囲まれた粘膜の盛り上がり、敷石像、不整形潰瘍、口内炎のようなアフタなどです。

治療方法

主に薬物療法と栄養療法で治療を行っていきます。こうした内科的治療で十分な効果が得られない場合や深刻な合併症が現れた時には、外科治療を行う場合もあります。

薬物療法

症状がある時には、症状を鎮めて寛解に導き、できるだけ長く寛解期を保つ治療を行います。腸の炎症を抑える5-ASA製剤とステロイドを使いますが、炎症の程度により違う種類のステロイドを用います。また、免疫を抑制する免疫調節薬や、抗TNF-α抗体である生物学的製剤、抗菌薬を使うこともあります。

メサラジン、サラゾスルファピリジン(5-ASA製剤)

小腸と大腸の炎症を抑える効果を示すメサラジンと、主に大腸の炎症を抑えるサラゾスルファピリジンがあります。

ブレドニゾロン、ブデソニド(副腎皮質ホルモン)

ブレドニゾロンは強力な炎症抑制作用を持っているステロイドです。症が悪化している時に用いられ、寛解を導入する効果が期待できます。ブデソニドは症状が重くない際に用いるステロイドで、全身性の副作用を軽減できます。

アザチオプリン、6-メルカプトプリン(免疫調整薬)

クローン病の原因はわかっていませんが、過剰な免疫反応が関係していると考えられており、その免疫反応を抑制する薬剤です。安定するまで数ヶ月かかる場合もありますが、根気よく続けていくうちに症状を寛解に導き、寛解を維持する効果が期待できます。またステロイドの量を減らすためにも役立ちます。

インフリキシマブ、アダリムマブ(抗TNF-α抗体製剤)

クローン病では、TNF-αという体内物質が過剰に作られ、それにより炎症が起きていることがわかっており、そのTNF-αの働きを抑える薬です。

栄養療法

食事からの刺激が大きいと炎症に悪影響を与える、また炎症により栄養状態が悪化する可能性がある際には、栄養剤を投与する治療を行う場合があります。

経腸栄養療法

液体の栄養剤を口から服用します。症状により鼻からチューブで投与する場合もあります。消化態栄養剤・成分栄養剤は消化の必要がないもので、半消化態栄養剤は消化の過程を必要とします。

完全静脈栄養法

経腸栄養療法が行えない場合に高濃度の栄養輸液を投与する方法で、太い静脈にカテーテルを留置して行います。重度の狭窄や広範囲な小腸病変がある場合などに用います。

日常のケア

クローン病は、寛解期に健康な人とほとんど変わらない生活を送ることができますので、お仕事や学業に特に制限はありません。

運動

過度な運動は避けますが、適度な運動でしたら可能です。疲れない程度の運動がよい効果をもたらすという報告もされています。

食事

低脂肪で食物繊維が少ない低残渣の食事が基本ですが、寛解期には神経質な食事制限の必要はありません。ただし、病変部位や消化吸収機能により、食べると調子が悪くなる食物が異なります。食事内容をスマートフォンや携帯電話で撮影しておくなどして、ご自分に合った食材、症状が出やすい食材を知ることで、食事のコントロ-ルがしやすくなります。

アルコール

クローン病にアルコールが及ぼす影響はまだよくわかっていません。一般的に寛解期には適量の飲酒をしても問題ないと考えられています。

喫煙

クローン病は喫煙が悪化や再燃に関与していることがわかっていますので、禁煙しましょう。

妊娠・出産

クローン病の患者さまで妊娠・出産した方はたくさんいらっしゃいますし、寛解期には経過が良好なケースが多くなっています。再燃させないように治療を継続的に受けることが重要です。
妊娠中の薬物治療では、基本的に胎児への影響を考慮し、その上でクローン病の悪化を防ぐ十分な治療を行う必要があり、妊娠が判明して自己判断で薬の服用を中止することはとても危険です。必ず主治医に相談して、上手にコントロールしていきましょう。