おしりから出血・血便

おしりから出血・血便

排便の際に、紙でお尻を拭いた時や便器を除いた際に血が出ていたらとても不安になると思います。おしりから出血・血便があった場合、どのような病気が考えられるのかご説明いたします。様々な原因が考えられますので、ご参考にしていただき、なるべく早く専門医を受診してください。

肛門の病気?大腸の病気?

おしりの出血や血便の主な原因として考えられるのは、肛門疾患(痔)や大腸疾患などが考えられます。

肛門疾患

いぼ痔

内痔核いぼ痔には、肛門の内側にできる「内痔核」と外側にできる「外痔核」があります。いぼ痔になる原因には、下痢や便秘、排便時のいきみ、長時間座った姿勢、女性の場合は妊娠、出産、ストレス、血行が悪いなどがあります。

詳しくはこちら >>

切れ痔

切れ痔切れ痔は、便秘や下痢が原因で発症することが多く、硬くなった便をいきんだ時や下痢便を勢いよく排出した際に肛門の皮膚が裂けてしまい切れ痔を発症します。治療は、薬物治療で行いますが、日常生活(下痢や便秘になりやすい習慣)を改善しなければ再発します。慢性化し、肛門狭窄(こうもんきょうさく)になったり、「肛門ポリープ」「見張りイボ」等を併発して事もあります。

詳しくはこちら >>

肛門ポリープ

切れ痔を繰り返し発症していると肛門ポリープを併発する場合があります。通常、肛門ポリープから出血することはほとんどありませんが、放置して大きくなってきてしまうと根元部分が避けて出血する場合があります。出血は鮮血で微量です。よくいぼ痔(内痔核)と間違われる疾患です。治療には薬物治療と切除手術があります。

痔ろう

痔ろう痔ろうは、前段階として肛門周囲膿瘍を発症し、膿が溜まります。専門医療機関で治療を受けずに放置していると、炎症を繰り返し、肛門内部と外部をつなぐトンネル(瘻管:ろうかん)ができます。この状態を痔ろうといいます。痔ろうを放置しておくと、「瘻管(ろうかん)」が複雑化しより治療時間がかかるだけでなく、がんの原因にもなりますので、早急に治療を受ける必要があります。また、薬物治療では痔ろうを治すことはできず、手術療法が根本的な治療となります。

詳しくはこちら >>

皮膚炎

下痢などの症状の際に何度もお尻を拭いたり、肛門皮膚が擦れたりして皮膚があれて出血することがあります。ほとんどの場合は、ご自身で肛門皮膚が炎症を起こしたことを自覚されていると思いますので、ひどい場合は医療機関を受診して薬を塗ってください。軽症の場合は自然に治ることもあります。出血の量はトイレットペーパーや下着に少し付く程度です。

大腸疾患

直腸粘膜脱

排便の際にいきみ過ぎる習慣がある人、老化に伴い肛門括約筋が弱まってきて排便時のいきむ時間が長い人に発症する病気です。直腸を支えている靭帯がゆるんでしまい、直腸粘膜がずり落ちた状態です。直腸粘膜が擦れるために潰瘍ができて出血原因になります。出血量は微量から少し多い場合もあります。排便時以外に出血することもあります。

潰瘍性大腸炎

大腸の粘膜に炎症が起きてびらんや潰瘍が生じる慢性の炎症性腸疾患です。原因がわかっていないことや、根治に至る治療法がないことから厚生労働省から難病に指定されています。難病ではありますが、適切な治療を受けて上手に症状をコントロールできれは、健康な時とあまり変わらない日常生活を送ることもできます。

大腸に炎症を起こす病気は炎症性腸疾患と呼ばれており、特異的炎症性腸疾患と非特異的炎症性腸疾患に分けられます。特異的炎症性腸疾患は、炎症の原因が細菌や薬剤などはっきりわかっているものです。この場合は、原因を取り除く治療を行います。
一方、非特異的炎症性腸疾患は炎症の原因がわからない疾患で、潰瘍性大腸炎やクローン病がここに含まれます。潰瘍性大腸炎は炎症が大腸だけに起こりますが、クローン病では消化管のその位置にも炎症が起こるという違いがあります。

炎症では腫れや痛み、発熱と行った症状が起こりますが、これは、体内に入った異物を追い出そうとする免疫系の防御システムが活動して起こっています。炎症は異物から体を守るための不可欠な反応ですが、過剰に働くと体を傷つけてしまいます。潰瘍性大腸炎の原因はわかっていませんが、過剰な免疫反応が関係していると考えられており、TNF-αという体内物質が過剰に作り出され、それが炎症を引き起こしていることはわかっています。

詳しくはこちら >>

大腸憩室出血

大腸憩室とは、腸管内のある力を受けてできた大腸壁の凹みです。大腸憩室はすぐに治療が必要という訳ではありませんが、年を取るにつれて大きくなったり、数が増えてきます。その結果、憩室内で出血する場合があります。出血する場合は、血管が破れているので多量に出ます。

虚血性腸炎

下剤を飲んで腸の運動を活発にしたり、脱水状態、便秘が原因となって、大腸粘膜の血管内の血流が一時的に悪くなり虚血状態となって発症する病気です。超粘膜が炎症を起こして、出血します。

大腸がん・直腸がん

大腸がん・直腸がんが進行すると、出血があります。鮮血で量が多く出る場合は、なるべく早く専門医の受診をお勧めします。

お尻からの出血・血便は専門医へ

上記に記載したように、お尻から出血がある、血便が出た場合は、できるだけ早急に専門医の診断を受けるようにしましょう。自然に治る場合もありますが、重篤な疾患の可能性もありますので、早期発見・早期治療で症状を改善するようにしてください。また、大腸がん、直腸がんの場合には、出血で発覚した場合はすでにかなり進行している場合もありますので、ご自身で判断しないで原因をしっかりと見極めることが大切です。

肛門科(外科)はこちら >>
大腸カメラについて詳しくは >>