ジオン注射

ジオン注射(ALTA療法)とは

ジオン注射いぼ痔には内痔核と外痔核に分けられますが、ジオン注射(ALTA療法)は内痔核を治療するための手術手法です。内痔核に注射を行うことで、内痔核を退縮させて直腸部分で硬化させます。術後の経過観察は不可欠ですが、切開はせず、注射だけですから、お体への負担が小さいことが特徴です。
平成17年5月からジオン注射(ALTA療法)は健康保険の適用を受け、20万人以上の方が治療を受けています。このジオン注射は日帰りで受けられます。

ジオン注射(ALTA療法)の適用について

  • ジオン注射(ALTA療法)が効果的な内痔核の症状
  • 排便時に脱肛があるが、しばらくしたら自然に戻る
  • 脱出したものを指で押すと戻る
  • 薬物療法(軟膏・、坐薬)では症状が改善しない
  • 排便時、しばしば出血が起こる

ジオン注射の成分

ジオン注射の主成分は、硫酸アルミニウムカリウムとタンニン酸です。この有効成分を組み合わせた強力な硬化剤である「ジオン」を患部に注射で直接注入し、痔核からの出血改善と痔核の脱出抑制を図ります。

硫酸アルミニウムカリウム

痔核を繊維化して退縮させる効果があります。これにより脱出を抑制し、出血を改善します。

タンニン酸

硫酸アルミニウムカリウムが過度な炎症を起こさないようコントロールして、組織障害を防ぎます。

ジオン注射(ALTA療法)の治療に関するQ&A

治療に痛みがあるのではと心配です

内痔核は知覚神経のない直腸内にありますので、痛みを感じる神経がありません。そのため、注射をしてもほとんど痛みはありません。

治療効果は手術後どのくらいで現れはじめますか?

治療後、出血が早い段階でおさまっていき、内痔核の脱出も数日でなくなっていきます。

手術後の痛みや出血が心配です

多少出血することはありますが、痛みはほとんどなく、出血や脱出は数日でおさまってきます。ただし、お腹に力を入れてしまうなどで出血が起こったら、すぐにご連絡ください。

手術後、排便はいつから可能ですか?

ジオン注射を受けた当日の排便も問題ありません。むしろ我慢しないで、便意があったらできるだけ早くトイレに行くようにしてください。ただし、無理にいきんで排便するのは避けてください。

仕事に復帰できるのはいつですか?

できれば2~3日の安静が望ましいのですが、軽い作業やデスクワークであれば翌日の仕事復帰が可能です。力仕事や激しい運動は手術後1ヶ月程度、控える必要があります。なお、座りっぱなし、立ちっぱなしなど長時間、同じ姿勢を続けないよう、適度に休憩を取って体を軽く動かすようにして、体を冷やさないようご注意ください。